いもとようこさんの絵本の紹介をしたいと思います。

私が好きな絵本の中に、いもとようこさんが描かれた絵本があります。いもとようこさんって、とても素敵な絵を描かれる方なんですよ。とても温かみのある絵と言うのでしょうか、とてもほっこりするような絵を描かれています。私は個人的に、「青い鳥」という外国の物語を日本語にして描いているいもとようこさんの絵本が好きなのですが、ほかにも最近出された絵本で「どんぐりと山猫」という、宮沢賢治の代表作も出されていますよ。(金の星社からです。)
昔からあるお話が、こうやって素敵な絵と一緒に絵本になって読めるという事はとてもいいことだと思いませんか。少なくとも、私はそう思っています。
おそらく昔からある古い物語って、本そのものが古くなってしまっているので(改訂しなければの話ですが)、あまり手に取る人も少ないのではないかと思うのです。けれども私は昔の方が良い読み物が多いと思うので、こういうように現代の子供たちに読みやすい形で出版される絵本はとても良いことだと思っています。
絵があるだけで文字だけ読むのとはまた違った味わいが出来ますよね。ぜひ読んでみてくださいね。