スターウォーズシリーズが最高過ぎて拍手を送りたい

先日といっていつも結構前ではありますが、スターウォーズシリーズの最新作、最後のジェダイを映画館に観に行ってきました。
前作ではルークとレイが出会って、実に気になる終わり方をしていました。ハンソロのファンは多いと思うので前作で悲しい思いをした人はたくさんいると思いますが、私はルークが大好きなので最新作をとても楽しみにしていました。
そしていざ観てみて、私は2回ほど泣きそうになりました。下手したら少し泣いてました。それほど良かったんです。序盤から泣かされそうになりましたからね。
スターウォーズはギャグ要素もめちゃくちゃ盛り込まれているんですが、なかなか涙腺が熱くなる場面も多く実に胸がときめく映画です。
観終わった後の充実感というか。お腹いっぱいという感じで、スターウォーズという作品を知っていて良かったと心の底から思いましたね。それくらい良い物語だと思います。
ただ元々のメンバーがだんだんと世代交代していくのは新しいものに出会える喜びと寂しさで複雑な気持ちにしてくれますよね。