一番お住まいになったのは、京都ではないでしょうか

秀吉様は、本当に、はたらきものですよね。日本人で、あそこまで、働いた人は少ないですよ。現代にいたるまでです。だって、岐阜城だって、墨俣一夜城だって、本当に有名ではありませんか。ただし、面白い出世ドラマなので、若いころ過ごした岐阜のイメージが強いのですが、実は、秀吉が一番お住まいになったというか、建物を建て続けたのは、京都だと思うのです。京都に秀吉の名残はとても多く、今でも、たいていの方は、秀吉を意識しないわけにはいかないほど、現代でも秀吉の町なのです。たくさんの秀吉の建物の跡があるのです。大阪城が、知らない方には有名でも、大阪は、そこまで秀吉のイメージは強くはありません。京都は、寺社仏閣よりも、住んでいる人には秀吉があるのです。意外ですよね。たとえば、市長さんぐらい身近なのです。
秀吉も京都が好きだったのかもしれませんよ。町中、何かしら、関係しているのです。
住んでみると一目瞭然なのがわかります。