初競りは、見ず知らずの人をも元気にさせます

さんまの初競りで、一ぴく一万五千円だそうです。高いです、ただし、この日本の文化、ご祝儀というのは、とても嬉しいことですよね。神様に商売繁盛を祈願するというものでしょう。周りが見ても、驚くとともに、経済も大丈夫というくらい、その初セりを落とした方に、安泰と、自分にはない裕福な感じを重ねてしまいます。周りまで嬉しくするせりです。
昨年よりは安いそうです。2年ぐらい、さんまをいただくことができない時期がありました。中国や台湾の方が、さんまの美味しさに気がつき、たくさん漁獲したということがニュースで流れていました。そこで、日本の美味しさ、さんまは流行が去ったのですね。中国の方もはやり好きなのですね。日本人だけかと思いました。
好きでもないけれど、人口が多いので、少しの人気も、大量なのかもしれません。
次は、何に気がつかれたのでしょうか。イカでしょうか。いkは、あまり頂かないので、その様子がわかりません。