一作目を飛ばしてしまったけど、初めて見たあの恐竜映画。

ジュラシック・パークと言えば作品名を知らない人は殆どいないと思われる有名シリーズだと思うんですけど、実は先日初めて見る機会がありまして。
一作目じゃなくて二作目の方なんですけど。基本パニック映画で、一作目を未履修でも内容がチンプンカンプンと言うことはなかったですね。
私はこの映画のこと見るまでは「恐竜怖い!人間襲われて可哀想!」みたいな内容かと思っていたんですけど、実際は人間のひどい仕打ちに恐竜が大迷惑する話だったんですね。
恐竜の扱い方が乱暴すぎるのと、主要な登場人物に身勝手な人間が多いせいであまり人間側の味方をする気になれない。
街中でワンちゃんが食べられたのは可哀想だなと思いました。あとエディ。登場人物の中では数少ない良い人だったのに悲惨な最期を遂げてしまって……。
冒頭に出てきた女の子は死んでいなくて良かった。あんな小さな子が食べられるのは流石に忍びないですから。
そうそう吹替えのケリーの声の人が渕崎ゆり子さんでケリーが喋る度「カズマくんだ……!」って思っていました。おじゃる丸、好きなんですよ。
色々思うところはありますけど、映像の迫力は素晴らしかったと思います。シンプルにハラハラドキドキを味わいたい人向けの作品なのかなと思いました。アイトレーニング