ロボット技術の進歩により機械化が進む社会

ロボットの普及により、将来数千の職業が無くなると言われています。

生産業界は自動化が進み、これまで手作業だった工程がロボットへシフトされ、自動で効率よく大量に生産できるようになりました。

また、これまで職人技と言われていた技術も、ロボットにより再現できるようになり、益々人間の仕事がロボットに奪われてしまうと懸念されています。

その一方で、新しい仕事は絶えず生まれています。

掃除、家事、運転、買い物、お墓参り、ペットの散歩まで、生活の身近な所まで代行サービスが展開されていることに驚きます。

私たちが普段不便や面倒に感じている所には、既に新しいビジネスが展開され雇用を生み出しています。

今後、ロボットがどのような形で私たちの生活に入り込んでくるかは見当も付きませんが、血の通ったサービスは今後も廃れることはないでしょう。

ご近所やコミュニティとの関わりが希薄になった現代社会において、介護や託児など助け合いの精神のもと、血の通ったサービスを提供して頂けることは大変ありがたいと感じます。

人間とロボットが今後もお互いの長所を生かし短所を補い合っていけば、私たちは益々快適で豊かな暮らしを送ることができるでしょう。https://www.nsdmuseum.org/entry3.html